たまりば

  本・文芸 本・文芸  その他 その他

オッド・アイ披露してほしかったな

瞳

その日の夕方、瑞穂はいつものカラコン通販屋さんに寄った。
いつも付けているエバーカラーワンデーのカラコンの補てんと、今朝、正也が言っていた目の色の違いについて、店員のお姉さんに聞こうと思ってだ。
店員さんは、瑞穂の話を聞いて、正也と同じくオッド・アイだと言う。
そして、日頃はなかなかできないだろうけど、彼氏を驚かしてあげなさい、と、サンプルでブルーとグリーンのカラコンを瑞穂にくれた。

その週末、瑞穂と正也の共通の友達3人が、二人の新居に集まって、お鍋をしようということになっていた。
この晩とばかりに、瑞穂は冬美と同じく、右目にブルー、左目にグリーンのカラコンをつけた。正也と、集まった男女は、冬弓をだっこして洗面所から出てきた瑞穂にびっくりする。
「瑞穂、最近、オシャレになったと思ったら、すごい!」
女友達が大絶賛する。男友達は何が起こっているのかわからず、正也をつつく。
「なんで、瑞穂、目の色が違うんだ?」
「最近、カラコンしてたけど、オレも、冬と同じ目をした瑞穂を見るの初めてだ」
あんまり正也が瑞穂をうっとり見ているので、友人たちは面白がり、二人と猫の写メを
取ろうと言い出した。
いっぱい取った写メの半分は、目の色が反射して、赤く写ったりしていたけど、ばっちり瑞穂と冬美のブルーとグリーンが写っているものもあった。
「後で、写真にして送ってやるよ」
男友達がそう約束してくれた。

5人と1匹は楽しいお鍋パーティを過ごし、夜遅く、友人たちは二人の新居を後にした。
二人になって、正也は、まじまじと瑞穂を見つめる。
「何?」
正也は照れて笑う。
「キレイだな、と思って。でも・・・」
「でも?」
「二人きりの時にオッド・アイ披露してほしかったな」
正也の我がままに、瑞穂はくすくす笑う。
「子供みたい」
正也は恥ずかしそうに頭をかきながら、瑞穂に冬美をだっこさせて、自分の携帯を手を伸ばして持ち、瑞穂の肩を引き寄せる。
「え?自撮り?」
自撮りの写メは思った以上にキレイに取れていた。
「やった~!」
それを見て喜んでいる正也をみて、瑞穂は冬美と目を合わせて微笑んだが、冬美は我知らず、と、するりと瑞穂の腕をくぐり抜け、別の部屋へ姿を消した。
「やっぱ、私、猫、好きだわ~」
瑞穂はつぶやいた。



  • 同じカテゴリー(短編)の記事画像
    急に二人で暮らそう、と言い出した
    つぶらな瞳で、瑞穂を見つめる
    「さみしいな~」とつぶやきながら
    同じカテゴリー(短編)の記事
     急に二人で暮らそう、と言い出した (2015-01-06 12:00)
     つぶらな瞳で、瑞穂を見つめる (2014-12-06 11:27)
     「さみしいな~」とつぶやきながら (2014-11-15 11:01)

    2015年01月10日 Posted by弘せりえ 2014dec at 10:45 │Comments(0)短編

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    オッド・アイ披露してほしかったな
      コメント(0)